南吉の里エリア

半⽥市は「ごんぎつね」「⼿袋を買いに」などで知られる新美南吉の出⾝地です。国語の教科書でも⻑らく親しまれている南吉は、⽣まれ育った岩滑地区を舞台に、⾥⼭での暮らしを多く描いています。南吉の歩いた懐かしい⾥⼭の⾵景は、地域の⼈たちの⼿によって、今も⼤切に守られています。また秋の彼岸花の時期には「ごんの秋まつり」が盛⼤に⾏われ、300万本余りの彼岸花が⽮勝川を真っ⾚に染め、⾵物詩となっています。

  • 新美南吉記念館

    新美南吉記念館

    住所:愛知県半田市岩滑西町1‐10‐1
    電話:0569-26-4888

    ごん狐などで広く知られる児童文学者・新美南吉の顕彰を目的とした記念文学館です。
    営業時間 9:30~17:30
    月、第二火曜定休

  • 南吉の生家・渡辺家

    南吉の生家・渡辺家

    住所:愛知県半田市岩滑中町1−83

    南吉は大正2年7月30日にこの家で生まれました。
    付近には常夜燈や石の道標も残ります。
    営業時間 9:00~17:00
    見学無料

  • 南吉の養家・新美家(かみや美術館内)

    南吉の養家・新美家(かみや美術館内)

    住所:半田市平和町7-60
    電話:0569-29-2626(かみや美術館)

    南吉が養子として迎えられた実家の新美家。※母屋内部及び土蔵の資料館の見学は事前予約が必要。
    営業時間 10:00~16:00 有料

  • 300万本の矢勝川の彼岸花

    300万本の矢勝川の彼岸花

    秋になると半田市と阿久比町の境を流れる矢勝川の堤に東西2kmにわたり彼岸花が咲き誇ります。
    (見ごろ:9月末~10月上旬)

  • ででむし広場

    ででむし広場

    住所:愛知県半田市岩滑中町

    大きなででむしの像や、きつねの滑り台があります。通称「安川」が矢勝川に合流する所に作られた小広場です。

  • noimage

    岩滑八幡社

    住所:愛知県半田市岩滑中町7丁目80

    岩滑(やなべ)の氏神。新美南吉は毎日この境内を通って、離れの家と店(生家)を往復していた。ごんの秋まつりで彼岸花の結婚式が行われる

  • noimage

    六地蔵・南吉の墓(北谷墓地)

    住所:愛知県半田市柊町四丁目208-1

    北谷墓地の入り口左側(西側)の6体が「ごん狐」のなかでごんが隠れていた六地蔵にあたる。

  • ごんぎつねの湯

    ごんぎつねの湯

    住所:愛知県半田市平和町5-37(休館日:第2・4月曜日)
    電話:0569-27-8878(10:00~22:00)

    総檜造りの純和風天然温泉。日本庭園を眺めながら入浴できます。入館料:大人800円 子ども400円 幼児200円 3歳以下無料。

  • 新美南吉記念館 童話の森

    新美南吉記念館 童話の森

    住所:愛知県半田市岩滑西町1‐10‐1

    新美南吉記念館に隣接する公園。遊歩道(せせらぎの小径・あじさいの道・花のき広場・兵十橋)など自然豊かな場所です。

  • café&shop ごんの贈り物

    café&shop ごんの贈り物

    住所:愛知県半田市岩滑西町1‐10‐1
    電話:0569-26-1885

    新美南吉記念館に併設されたカフェ&ショップです。
    童話「ごんぎつね」や「手袋を買いに」などの世界観が感じられるお店です。