FIRST VISIT

はじめての
半田市観光

半⽥市江⼾時代から醸造業や海運業などで栄え、商業や製造業を中⼼に発展してきました。こうした歴史を今に伝える4つの象徴的な⾒所として、半⽥市の観光は、「⼭⾞・蔵・南吉・⾚レンガ」といわれています。また近年では、歴史的な建築物などを⽣かした、新たなスポットやイベントも年々増加しています。
四季折々、様々な魅⼒あふれる半⽥市にぜひお越しください。

山車

"山車"のまち半田

例年春に開催される祭礼を中⼼に、300年の伝統をもつ豪華絢爛な31の”⼭⾞まつり”。また、5年に⼀度、すべての⼭⾞が勢ぞろいする「はんだ⼭⾞まつり」も多くの⼈で賑わいます。

蔵

"蔵"のまち

江⼾時代の⾯影を伝える⽇本酒や酢などの醸造蔵と運河の織りなす黒壁の⾵景が残ります。また半⽥運河周辺は、醸造に関する企業ミュージアムのほか歴史的建造物も数多く残り、散策路としても⼈気です。

南吉

"南吉"の里

「ごんぎつね」などの作品で知られる児童⽂学者・新美南吉の故郷で岩滑周辺の地域には、のどかな⽥園と⾥⼭が残ります。秋には⽮勝川周辺の⼀帯が彼岸花の⾚⾊に包まれます。

赤レンガ

半田"赤レンガ"建物

「半⽥⾚レンガ建物」はカブトビールの醸造⼯場として作られた貴重なレンガ造りの建造物です。復刻されたカブトビールを楽しむことができます。また、毎⽉開催される⾚レンガマルシェなどのイベントも賑わいを⾒せています。

亀崎

亀崎エリア

2016年にユネスコ無形⽂化遺産にも登録された「⻲崎潮⼲祭」を大切に受け継いできた⻲崎地域。⽇本最古級の⽊造の現役駅舎が残る⻲崎駅(JR東海武豊線)や独特の地形に合わせてつくられた狭い裏路地= “セコ道” の散策、古⺠家を活かしたお店など、繁栄の歴史を今へと伝える新たなスポットになっています。

エリアから選ぶ

半田市エリアマップ
南吉の里エリア 亀崎エリア 蔵のまちエリア 赤レンガ建物
  • 蔵のまちエリア
    蔵のまちエリア

    「MIM」「酒の⽂化館」など、海運と醸造の歴史が醸す、半⽥運河と蔵の⾵景。

  • 南吉の里エリア
    南吉の里エリア

    童話”ごんぎつね” で知られる新美南吉作品の原⾵景。秋には無数に広がる彼岸花も。

  • 亀崎エリア
    亀崎エリア

    ユネスコ無形⽂化財にも登録された汐⼲祭を受け継ぐ歴史のまちで路地裏歩き。

  • 山車のまち半田
    "山車のまち" 半田

    春祭りの季節には10地区31輌の⼭⾞が次々と登場。5年に1度、31輌勢揃いも。

  • 半田赤レンガ建物
    半田赤レンガ建物

    明治期にビール⼯場として⽣まれた希少な⾚レンガ建造物。復刻したカブトビールも。