山車のまち半田

多くの⼭⾞⾏事が残る愛知県。中でも半⽥市は市内に31の⼭⾞が⼤切に守られてきた”⼭⾞のまち” です。例年3⽉から5⽉にかけては「春の⼭⾞祭り」として⼭⾞まつりが次々と週替わりで開催されます。最後を飾る「⻲崎潮⼲祭」(5⽉3⽇・4⽇)は、海浜への勇壮な⼭⾞の曳き下ろしで知られています。国の重要⽂化財に指定され、2016年にはユネスコ無形⽂化遺産にも登録されました。5年に⼀度、すべての⼭⾞が勢ぞろいする「はんだ⼭⾞まつり」では、市内31輌⼭⾞が横⼀列に並ぶ姿を⾒ることができます。絢爛豪華な⼭⾞の揃い踏みは、壮観そのものです。

  • 半田山車祭り保存会

    半田山車祭り保存会

    半田市内10地区31組による保存会です。
    各地区ごとの祭礼の詳細や歴史など祭りの魅力、山車の巡行情報などをご覧いただけます。

  • はんだ山車まつり

    はんだ山車まつり

    住所:【事務局】愛知県半田市東洋町2-1(半田市観光課内)
    電話:0569-84-0689

    5年に一度、半田が誇る豪華絢爛な31輌の山車が勢揃い。第8回は2017年10月7日、8日に開催します。

  • 半田市立博物館

    半田市立博物館

    住所:愛知県半田市桐ヶ丘4-209-1
    電話:1569-23-7173

    はんだの特色である山車の実物展示や酒造りをはじめ、知多半島の歴史矢自然など多数に渡り常設展示しています。