Feature

観光協会がまとめたトリップアイデアや
季節のオススメ情報などをお届けします。

知多半島旅行の最後に 静かな灯りを楽しむ夜のひととき

通年楽しめる

半田市のある知多半島は自然豊かで遊びどころ満載。
めいっぱい遊んだ後、まっすぐ家に帰るのも物足りない。
旅の余韻を静かな夜の半田で感じながら、ゆったりした時間を過ごすのはいかがですか?

  • 開催場所:半田運河・半田赤レンガ建物

夜の半田の落ち着いた美しさ

半田市内には、歴史的建造物や文化スポット、昔ながらの景色が今も街の中に残されています。住民の生活の場でもあるため、華美な美しさはありませんが、しっとりと景観になじむ灯りをともして訪れる人の目を楽しませています。今回はそんな半田の日常の中にある趣のある夜の風景をご紹介します。

半田赤レンガ建物

荘厳なレンガ造りの半田赤レンガ建物は、ライトに照らされると、とても幻想的な雰囲気。特に奥の芝生側から見る建物は圧巻です。周りが暗いので、天気が良ければ星を眺めることもできます。芝生の広場にすわって、建物の美しさと星空を両方楽しめるのは、他にはない魅力です。建物のライトアップは一年中されていて、22時まで楽しむことができますよ。

地図をクリックするとGoogleMAPが開きます

半田赤レンガ建物
〒475-0867 愛知県半田市榎下町8

半田運河

半田運河は運河沿いに游歩道が整備されており、夜風を感じながら川沿いを散歩して景色を楽しむことができます。ミツカンミュージアムや半六庭園などの建物を照らす灯りや、点々と置かれた街路灯のほのかな灯りは趣があり、運河を渡す橋の上からはそれらが川面に映し出され、揺らぐ水面の美しさをゆっくり楽しむことができます。

春には鯉のぼりがライトアップされていたり、夏のイベントキャナルナイトの時の半田運河もいいですが、こういう静かな日常の半田運河もステキですよ。

地図をクリックするとGoogleMAPが開きます

半田運河
〒475-0815 愛知県半田市荒古町

半田市は名古屋から車でも電車でも30分程とアクセスも良く、また南知多方面で観光した帰りに立ち寄るのにもちょうどいい場所に位置しています。知多半島観光の最後は半田で。ぜひどうぞ。