観光協会からのお知らせ

News

[ツアー]海辺のノスタルジックを巡る旅

伊東(酒蔵)Ito Co. (sake brewery)

2023/1/28・2/11のツアー限定プログラム

伊東合資会社は1788年に亀崎の地に創業した酒蔵。全国に名が知れた醸造蔵で、特に代表銘柄「敷島」は多くの人に愛されたお酒でした。清酒需要の低下などもあり、2000年に212年の歴史に幕を下ろした伊東でしたが、2020年、伊東家9代目伊東優の手によって、敷嶋は復活を遂げました。ツアーでは、江戸時代に造られた蔵を巡りながら、復活した敷島のお酒を試飲します。

 

盛田金しゃち酒造Morita Kinshachi Sake Brewery

2022/12/3のツアー限定プログラム

1848年半田市亀崎にて創業した歴史ある蔵元を継承し、設立されたのが「盛田金しゃち酒造」です。代表銘柄は「金鯱」と「初夢桜」。米の旨みを感じるまろやかな舌ざわりを感じながらも、くどさのない透明感のある清酒を製造しています。ツアーでは、江戸時代に建てられた蔵の中で、盛田金しゃち酒造の様々なお酒を試飲します。

 

立川美術館Tatekawa Art Museum

伝統彫刻の諏訪立川流の匠の技を伝える立川美術館。館内には数々の彫刻が展示されています。また、美術館の奥には高さ6mの山車を展示。美術館所有のこの山車は、知多型の山車の実寸サイズで、その迫力は圧倒。女人禁制の伝統が厳格に継承される亀崎潮干祭(ユネスコ無形文化遺産)ですが、この山車であれば女性でも、他国の人でも、誰でも山車に乗ったり触れたりすることができます。今回、この山車乗車体験に加えて、新たに壁面に映像を映し出すVR 映像装置を導入。臨場感ある亀崎潮干祭の音と映像を山車の上に乗りながら体感することができます。

 

アートギャラリーLUNAArt Gallery LUNA

立川美術館の敷地内にギャラリー兼ワークショップスペースがオープン!団体旅行向けに様々なワークショップが実施されます。今回のツアーでは山車の彫刻には欠かせない金箔貼りを体験できるワークショップを実施。匠の技をカジュアルに楽しむことのできるワークショップです。

 

望洲楼(料亭)Boshuro (traditional Japanese restaurant)

1855年に開業した望洲楼は、緑ゆたかな丘に屋敷が配された趣深い建物が特徴的な料亭で、かつては福沢諭吉、田山花袋、柳田國男らの名だたる文化人が訪れたとされています。中に入ると入り組んだ木造階段や小庭、四季折々の陰影がもたらす情緒を存分に感じながら、まるで古の時代にタイムスリップしたかのようなひとときを楽しむことができます。衣浦の海を望むお座敷で、一品一品丁寧に作られた季節のしつらえと知多の醸造、旬の素材を使ったお食事が味わえます。


HALF DAY

12:15

名古屋駅新幹線口 噴水前集合

12:30

名古屋駅出発 バス移動

13:30

神前神社着 自由参拝

13:40

現地案内人ガイドツアー

14:00

立川美術館見学・VR潮干祭体験・金箔貼り体験

15:40

酒蔵見学・試飲

17:00

料亭 望洲楼でお食事

19:00

亀崎出発 バス移動

20:00

名古屋駅到着

受付を終了しました

 

日程をクリックすると名鉄観光サービスの販売ページに飛びます

 

電話でのお問い合わせはこちら

TEL:0569-32-3264

受付 8:30〜17:30(定休:年末年始)

メールでお問い合わせ